目の周りが色素沈着してパンダ顔にならないために

目の周りの皮膚が色素沈着すると、パンダのようになってしまいます。
パンダは目の周りが黒く、その中に目がありますよね?
それと同じく、人間も目の周り 色素沈着が起きると酷い場合はパンダ顔になってしまいます。
そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、目のこすり過ぎは禁物です。
アイメイクは素早く落とすこと。
血行促進のためにアイクリームでせっせとトリートメント。
フェイササイズを毎日行っている。

上記にあげたものは、パンダ顔にならないためには良いと思われがちなものですが、実はNG行為だったのです。

こすり過ぎは禁物ですが、メイクが肌に残っていると、余計肌にダメージを与えてしまいます。
拭き取りタイプのクレンジングなどでさっと落としてしまうのは最悪だと言われています。
専用リムーバーで目元のメイクはしっかり優しく落としましょう。

さらに自己流で行う目元トリートメントは危険です。
色素沈着が更に酷くなるケースもありますし、シワ、シミ、たるみの原因にも繋がります。
目の周りの血行促進のためには、目のツボをそっとプッシュするなどして摩擦が起きない方法を選びましょう。

またフェイササイズは顔の筋肉を鍛えるエクササイズです。
肌を若返らせることは難しいです。

無理に肌を引っ張りすぎると肌のコラーゲン繊維がボロボロになり、こちらもシワやたるみの原因になります。
もちろん、色素沈着が改善されることもありません。

ではパンダ顔にならないためにはどうしたらよいのでしょう?
それには第一に保湿が重要です。

しっかり保湿することにより、ターンオーバーを整え、定着したメラニンを排出することで、パンダ顔になるのを避けることが出来ます。

目元は乾燥しやすく、デリケートな場所ですから、アイクリームなどを使って徹底的に保湿を行いましょう。
目元専用美容液なども、重ねてつけるのがオススメです。

また、メラニン還元作用のある美白美容液が効果的だとも言われています。
実際使って効果が期待出来た、と言う人も多いようです。

ただ、目元はは皮膚が薄いですから、敏感ですし、刺激が強いでしょう。
より一層乾燥を招く可能性もあります。
美白ケアをする際には特に注意が必要ですね。

ですから保湿が一番大切だと言うのです。
ターンオーバーを1日でも促進させ、メラニンを排出させることこそ、パンダ顔にならないための秘訣です。

保湿をしっかりすることで、目元の小じわ対策にもなりますから、エイジングケアとしても一石二鳥でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です