梅雨のシャンプーはノンシリコン?

雨が多くて湿気が多くて髪がまとまらない季節です。髪が多くて硬くその上くせ毛な私は、この季節になると、普段通りの髪の毛のケア方法では上手くいかなくなり新しいシャンプーを選びたくなります。

普段はノンシリコンのわりとナチュラルなタイプのシャンプーを香によって気軽に選んだりしています。

シャンプーも1年ほどで流行りが変わりますが、私の髪の状態に関して言えば、ノンシリコンシャンプーは湿気が多い季節にはあまりよくない気がします。

シリコンとは化学反応を用いた完全なる人工物で、髪のキューティクルに付着し1本1本コーティングをしてくれます。

手触り良く艶を出すなどの効果がありますが、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。

むしろ人工物がキューティクルに対して刺激物となって髪には負担になる場合もあります。シリコン含むシャンプーは髪に負担をかけてしまう、という部分が世の中の常識になりつつあり、ノンシリコンの流れがきています。

ノンシリコンシャンプーはシリコンを抜いたシャンプーの事で、それ以外には特に変わりがありません。

髪の1本1本のキューティクルにまとわりつくシリコンがないため髪全体が軽やかです、シリコンの重さでペタンコにならないためフワリと仕上がりますが、キューティクルをコーティングしないのですから、髪が傷みやすく特にドライヤーの熱から守るものがないので、ノンシリコンのシャンプーを使う場合はしっかりトリートメントを浸透させることが必要です。

しかし雨で広がる日にノンシリコンシャンプーを使うと湿気をどんどん吸収してしまいすごく広がります。コーティングがないからといってヘアケア剤やスタイリング剤を使った時に浸透するかというとそうでもなく、結局シリコン入りシャンプーの方が落ち着く様な気がするんです。

シリコン含むシャンプーを敵対視して絶対駄目というよりは、状況で使い分ければ良いのかなと思います。

ドラッグストアを見に行ってみると、陳列されているのは、やはり流行りのナチュラル志向のノンシリコンシャンプーです。

使うならしっかり浸透するトリートメントとセットで購入するのが良さそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です